background

SaaSを自動で一元管理

様々なSaaSと連携することで社内のSaaSを可視化し、セキュリティリスクを低減。 無駄なコストを削減し、棚卸しなどの作業を効率化する、SaaSの家計簿サービスです。

様々な規模・業種の企業で幅広くご利用いただいています

SaaSが増えると、カオスがやってくる

SaaS管理のよくある課題

社内で利用されているSaaSがわからない

SaaSはIT部門だけでなく、各事業部でも導入されており、社内で利用されている全てのSaaS一覧を作成することは大変困難です。 多くの場合、リストが存在しません

どんなSaaSを誰が使っているのかわからない

入社、異動、退社などさまざまなタイミングでアカウント付与が行われます。 アカウントの保持と権限状況を可視化するのは難しく、自社ドメイン以外でもSaaSが利用されています。 把握するだけでも大変な状況です。

シャドーIT / 野良ITが 不安にする

SaaSは手軽に利用開始が可能な分、個人で利用しているSaaSを業務で利用するなど、数多くの目に見えないセキュリティリスクが存在します。 エージェント型の対策ソフトは導入障壁が高く、導入がなかなか進みません。

background

「ITreview Grid Award 2022 Spring」でSaaS管理カテゴリにおいてLeaderを受賞

4.1 ⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

(10レビュー 2022/04/28)

課題を解決

SaaSの利用状況を把握

✔SaaSを基軸としたアカウントの一覧化 ✔️アカウント毎に権限を確認可能 ✔️ログインステータスや2FAの状況を把握 ✔️社内、社外、MLなどのアカウントタイプを把握

アカウントの状況の確認

✔️アカウントを基軸としたSaaSの一覧化 ✔️退職者アカウントの検知 ✔️社外アカウントの特定 ✔️リスクのあるアカウントをアラート

シャドーIT / 野良ITを把握

✔️Integration可能なSaaSを自動リコメンド ✔️社内で利用しているSaaSを簡単検知 ✔️シャドーIT利用アカウントを簡単検知

150以上のインテグレーション

お知らせ

従業員オフボーディングフロー(β)

活用事例を公開

SaaS管理ガイドを提供開始