トヨクモ 安否確認サービス2

トヨクモ 安否確認サービス2

連携概要

連携により、トヨクモ 安否確認サービス2に存在するユーザーの以下のデータがIT管理クラウドに連携されます。

・ユーザー名
・従業員 または 外部アカウント
・トヨクモ 安否確認サービス2の権限(ロール)
・ステータス

また、トヨクモ 安否確認サービス2上に退職者アカウントが存在した場合にアラート機能が作動します。

サービス詳細

トヨクモの「安否確認サービス2」は、緊急時の安否確認だけでなく、その後の対策指示まで含めて活用できるサービスです。

【シンプルなインターフェース】 「安否確認サービス2」は、災害時に従業員の安否情報を迅速に集める必要があります。
せっかくシステムを導入しても、従業員が回答できなければ意味がありません。

安否確認サービス2は、ITの苦手な方でも回答できるよう、シンプルなデザインで作成しております。

【災害時の自動一斉送信】
地震/津波/特別警報が気象庁から発生・発令された際に、メール・スマートフォン専用アプリ・Twitterに通知を行います。
「安否確認サービス2」は、災害時の遅延・停止が0回*です。21年10月の関東地震・22年3月の東北地震でも問題なく稼働しました。

*2020年-2021年災害発生から安否確認メール送信完了まで30分以上要した回数が0回。

【回答の自動集計】
回答情報はリアルタイムに自動集計できます。集計表の閲覧者は何名でも設定でき、閲覧範囲を制限することも可能です。
‍料金についてはこちらをご確認ください https://anpi.toyokumo.co.jp/price.html

トヨクモ 安否確認サービス2の口コミ (Boxilより掲載)



SaaS一元管理マネーフォワードIT管理クラウドと連携可能